人前で喋る時に緊張してしまい、顔が赤くなったり、動悸を感じたり、手足が震えることを一般的にあがり症といいます。 では、あがり症は何が原因で起きるのでしょうか? あがり症の原因は、血液中にあるノルアドレナリンが関係しているといわれています。 緊張や不安を感じるとノルアドレナリン値が急激に上がり、交感神経を刺激します。 交感神経が刺激されると血圧や心拍数が上昇し、赤面や手足の震えといったあがり症の症状が出てしまうという訳です。 緊張や不安を感じた場合には、誰でもノルアドレナリン値が急激に上がるので、交感神経が刺激されます。 しかし、あがり症の人は交感神経が敏感なので、ちょっとしたことで症状が出てしまうのです。 このようにあがり症の原因は、全ての人に起こりうることなので、特別おかしなことではありません。 あがり症の人は、他の人よりも敏感に反応してしまうだけで、病気でも何でもないと思ってください。 自分があがり症だと感じても、それほど気にする必要はありませんし、努力次第で改善することもできます。